一所懸命に手抜きする

監査の仕事をしています。ITを利用し、良い意味で「手抜き」することは効率化と精度アップに役立つと思うんです。部下への引き継ぎのためにまずは諸々頭から引っ張り出そうとブログを始めました。

[ Main ]  [ 別館 ]
当ブログで取り上げられている事案やデータベース、人物等はすべてフィクションです。

Excelからデータを読み込むR関数(5)readxl::read_excelのwrapper

readxlパッケージはExcelファイルを簡単にかつ高速に読み込めるのでした。
しかし、DEFINEDNAME:・・・・ と無駄な出力がなされることがありました。これに対して t-kalinowski さんがreadxlの無駄な出力を抑制するwrapperを発表されています。
github.com
この実行には purrrパッケージが必要になります。下記コードを実行した上で普通に

df<-read_excel(ファイルパス)

などとするだけで無駄な出力のないread_excelが使えます。

[R]readxl::excel_sheets無用出力抑制
  library(purrr) # if needed
  library(readxl) # if needed
excel_sheets <- function(path) {
  quiet_excel_sheets <- purrr::quietly(readxl::excel_sheets)
  out <- quiet_excel_sheets(path)
  if(length(c(out[["warnings"]], out[["messages"]])) == 0)
         return(out[["result"]])
  else readxl::excel_sheets(path)
}
広告を非表示にする