読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一所懸命に手抜きする

監査の仕事をしています。ITを利用し、良い意味で「手抜き」することは効率化と精度アップに役立つと思うんです。部下への引き継ぎのためにまずは諸々頭から引っ張り出そうとブログを始めました。

[ Main ]  [ 別館 ]
当ブログで取り上げられている事案やデータベース、人物等はすべてフィクションです。

Oracleのデータ・ディクショナリにもコメント情報が収められていて重宝する

RDBMS

 リレーショナルデータベース(RDBMS)の代表としてAS/400DB2にはカタログというものがあり、そこにはユーザー情報、表情報、列情報など様々な情報が詰まっているのでした。
 AS/400は列名が英数8文字という節約が長く続いてきたため、パッと見では表や列の内容がわからないことが多く、日本語を含む長い文字列による説明の項目が参考になるのでした。

Oracle

 DB2に限らずRDBMSにはカタログに相当するものがあります。
 Oracle の場合はデータディクショナリと呼ぶものがカタログにあたります。

Oracleのデータ・ディクショナリの主な内容
表名 説明
USER_CATALOG 表・ビュー・索引等
USER_COL_COMMENTS 列のコメント情報
USER_TABLES 表の情報
USER_TAB_COMMENTS 表のコメント
USER_USERS ユーザー情報

 USER_TAB_COMMENTSに書いてある説明を読めばそのファイルがどんなファイルなのかわかりますし、USER_COL_COMMENTSを読めば列の内容がわかります。

Oracleの表の列毎のコメント一覧を取得するSQL
SELECT   COLUMN_NAME,COMMENTS
  FROM   USER_COL_COMMENTS
 WHERE  TABLE_NAME = '表名'
データ・ディクショナリも宝箱

 このようにRDBMSはカタログとかデータ・ディクショナリとか名称はいろいろですが、管理データが表形式で保存されているためSQLにて容易に参照できる特徴があります。

広告を非表示にする