一所懸命に手抜きする

監査の仕事をしています。ITを利用し、良い意味で「手抜き」することは効率化と精度アップに役立つと思うんです。部下への引き継ぎのためにまずは諸々頭から引っ張り出そうとブログを始めました。

[ Main ]  [ 別館 ]
当ブログで取り上げられている事案やデータベース、人物等はすべてフィクションです。

ブラウザ上でLaTeXの作成からPDF等へのコンパイルまでできるWebサービス

TeX

 TeXは数式を多用する理系の論文を中心に文書作成の定番となっています。
 TeXはテキストファイルにテキストと装飾タグをあわせて記述してソースコードを作ります。そのソースコードTeXレンダリングソフトにてPDF化・画像化するのが一般的です。また、数式のみリアルタイムレンダリングするブログなどもあります。

WebでTeXのコーディングとコンパイル

 ローカルにTeX環境を用意せずともブラウザ上でTeXの作成からPDF等へのコンパイルまでできるWebサービスとしてCloudLaTeXがあります。

株式会社アカリクの「CloudLaTeX」は日本語などのマルチバイト言語に初めて対応した無料のLaTeXオンラインコンパイルサービスです。 https://acaric.co.jp/acaric-cloudlatex/

texのサンプルコード
\documentclass[10 pt]{jsarticle}
\begin{document}
\begin{table}[]
\centering
\caption{SQLにて作成変更されるDB2カタログの例}
\label{my-label}
\begin{tabular}{|r|c|l|l|}
\hline
\multicolumn{1}{|c|}{SQL操作} & 格納される情報 & \multicolumn{1}{c|}{内容} & \multicolumn{1}{c|}{DB2での格納先表名} \\ \hline
CREATE TABLE                & 表情報     & ライブラリ名・表名・作成者名・列数など     & SYSTABLES                       \\ \hline
CREATE TABLE                & 列情報     & 表名・列名・データ型・列別名・キー情報など   & SYSCOLUMNS                      \\ \hline
CREATE INDEX                & 索引情報    & 表名・索引名など                & SYSINDEXES                      \\ \hline
CREATE VIEW                 & ビュー情報   & ファイル名・SELECT文など         & SYSVIEWS                        \\ \hline
GRANT                       & 権限情報    & 表名・許可されているユーザーなど        & SYSTABAUTH                      \\ \hline
\end{tabular}
\end{table}
\end{document}

CloudLaTeXソースコードエディタにたどり着くまで f:id:a_habakiri:20161230230255p:plain
1. https://cloudlatex.io/ にサインイン(登録しないと使えません)
2. 新規プロジェクト開始 … [+新規プロジェクト]を押す
3. プロジェクト名・説明を適当に。
4. 青くなっているプロジェクト名をクリック。
5. main.texをクリック。
6. 中央のペインをクリック。

上のコードを中央のペインに貼り付けて↓PDFボタンを押すとコンパイルされてPDFが表示されます。 f:id:a_habakiri:20161229223530p:plain
やってみて下さい。

こんな方におすすめ
1. もちろん理系の論文作成をなさる方。
2. 算数・数学の先生(教師・講師)

広告を非表示にする