一所懸命に手抜きする

監査の仕事をしています。ITを利用し、良い意味で「手抜き」することは効率化と精度アップに役立つと思うんです。部下への引き継ぎのためにまずは諸々頭から引っ張り出そうとブログを始めました。

[ Main ]  [ 別館 ]
当ブログで取り上げられている事案やデータベース、人物等はすべてフィクションです。

AS/400エミュレータ画面でショートカットキー Ctrl+C等 を使えるようにする

ASエミュレーター画面でCTRL+Cが使えない

 Windowsソフトで標準の作法と思われるCTRL+CなどのショートカットはAS400エミュレーター画面(セッション画面,Pcomm,PC5250)ではデフォルトでは使えません。
 ショートカットキーに慣れた人にとっては、わざわざメニューバーから「編集 > コピー」 と選択するのも面倒です。
 実は、AS400エミュレーター画面にショートカットキーがないのではなく、キーの割当が異なるのでした。

ASエミュレーターでのショートカットキー
矩形選択 Shiftキーを押しながらカーソル移動
コピー  Ctrl+Insert
切り取り Shift+Delete
貼り付け Ctrl+Shift+Insert

コピーがCTRL+Cじゃないとは…

 コピーはやはり CTRL+C というWindows標準のお作法であってほしいものです。そこで各機能とキーボード操作の組み合わせを変更したいと思います。

キーマップの割り当て変更

 メニューバーから「編集 > 設定 > キーボード > 編集」でキーボードの設定画面が出てきます。
 この画面で割り当てたいキーボードをクリックして、機能を設定する流れになります。

コピー(Ctrl+C)

 キーボードの「C」を選択し、選択キーの現行アクションの変更の「→ Ctrl 」に [edit-copy] と入力する。これで Ctrl+C にコピーが割り当てられます。

貼り付け(Ctrl+V)

 キーボードの「V」を選択、「→ Ctrl 」に [edit-paste] と入力。

切り取り(Ctrl+X)

 キーボードの「X」を選択、「→ Ctrl 」に [edit-cut] と入力。

元に戻す(Ctrl+Z)

 キーボードの「Z」を選択、「→ Ctrl 」に [edit-undo] と入力。

割り当てられるキー等は キーの機能およびキーボードの設定(IBM Knowledge Center) を参照して下さい。